スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書ノキノコ  十二国記

お知らせ

8月20(月)21(火)22(水)は、夏休みます!よろしくですっ。



facebookにて、たくさんのリクエストいただき、ありがとぅございます!!!
わたしの考えでは、たとえ活字でも、いや、活字だからこそ、心のこもったお付き合いをさせて頂きたいと思っとります。
なので、メッセージ無しのリクエストは基本的にお受けしておりません。
一言で構いませんので、よろしかったらメッセージを添えてお願いしたく存じます!(へにゃ



迷ったけど今日アプ!

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村








もう。



もう!!!










なんでっっっこのタイミングなのおおおおおお!!!











やっときた。




十二国記。









えーと。




これ。





s-IMG_4964.jpg
s-IMG_4944.jpg







出会ったのはいつのころでしょうか。




やっぱりハリーポッターから始まった活字中毒からの。


まさに、この「ダヴィンチ」という、本や漫画を紹介する雑誌の特集で知ったんだったと思います。


当時はまだ、インターネットをあまり使いこなせていませんでしたし、読書メーターなるサイトもなかったですしねー。

って、最近全く放置してる・・・読メ・・・。


読書してないからなぁ。






戻りますが。





この小説は、もともとターゲットは十代の少女。


ファンタジー小説というくくり。











ファンタジー=ハリポタ 








という気持ちで手に取ったんですけどね。






このシリーズの第一作である、







「月の影 影の海」







く・・・・・暗いの。






主人公の高校生の陽子がね。


ウジウジだしね。

根暗でね。





そして、全然ファンタジーじゃないのwwwww




ともすれば、固い感じの文筆。








で、正直、読み終わるまで、結構しんどかったんです。






が。





シリーズで、だいぶ続巻が続くわけですけども。






















もーハマってしまって。









似て、非なる世界に行っちゃうわけなんです。陽子。




でも、まぁ読めばいいとおもうので書きませんけどwwwww



鳥肌が立つくらい、緻密なんです。設定が。






ああぁ、あるっちゃろうな。この国。


って、思います。






十二国あるんです。


慶国

奏国

範国

柳国

雁国

恭国

才国

巧国

戴国

舜国

芳国

漣国





それぞれに王様がいて、王様を選ぶ天の意を受けた麒麟がおります。




王は、天綱という絶対犯してはいけない事柄さえ守れば、おのおの好きなように国を治めます。


そして、国が豊かな内は死なないんです。




己を律し、国を治めていけば。


奏国は600年以上同じ王様が治めていたりします。








ファンタジーなのにね、凄いの。

政治の話とかも世界観がリアルで。







人を信じて騙されたり。



ボロボロになった時、助けてくれた人を信じれなくなったり。



その先の心の葛藤。


成長。



迷い。



そして本当にいろんな立場の人の内面が切々と描かれています。




















これがティーン向け小説てwwwwwwww
















ほんで、物語で、終わってない話もあるわけですよ。



でも、もう何年も止まっていまして。



もう、このままなのかなぁ・・・と。








思っていたわけですよ。















来るみたい!!!










これだけはほんとに楽しみ。








本読めない人には、無理には進めませんし、実際進めてもダメだった人もいるんですけど(笑)







わたし、大好きなんです。





人間関係とかね、この物語に出てくる人たちの考え方とかね。




読める人はぜひ読んでみてください。








あ、風の万里まではアニメにもなってますw


ちょびっとだけ、本篇と違う人でてくるけど。





アニメもなー。

図南の翼とかも見たかったなぁ。

s-IMG_4916.jpg




特に好きw


でも戴麒も好き!








知らない人には全くわからない話ですねwwwwww




ごめなさいwww







おまけ記事ということで許してつかーさい!

















この人の後、「和製ファンタジーの三羽鴉」と呼ばれる後お二人の女性作家に出会います。











また、どこかで勝手に書きます(笑)








わたしを作ってる結構重要な本達でしたっ。








さ、コンディション整えて、心静かに読めるようにせねば~~~!









1日1回でいいらしんです。↑で押してくれた人は押さなくていんです!
ほんとしつこくてゴメナサイ!
にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

柊様

拍手のコメントありがとうございます!!


すみません、お返事とかどこに書いたらいいかわかんなくて、こちらに書いておきますー><

むしろ、長々と語りたいとおもいますので、また機会がありましたらよろしくです!!w

FBでももしされてれば申請くださいませー^^



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。