スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お父ちゃんの命日

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村










こんばんわーぃ。


ちょっと酔うちょりますー。




きょう、3月4日は、父、敏郎さんの命日でございます。



5年前のちょうどこの時間になくなりました。



s-IMG_3835.jpg




病気でございました。



間質性肺炎という病気で、かかると3か月くらいでなくなってしまう難病でした。


うちの父ちゃん、1年頑張りました。



美空ひばりさんも、この病気やったそうです。








明日(もぅ今日か・・)は、いろいろいそがしいので、今日の昼間のうちに書いておこうかと思ったのですが。。。




やぱり、書けませんでしたw





5年も経ったんだなぁー・・・





そう。32歳。厄年でした(笑)






人がひとりいなくなるということは、どんな状況だとしても、重たくて悲しくてさみしいものですね。




だけども、1年の闘病生活。。。


肺をわずらったために、気管切開によって、しゃべることができなくなり、食べ物や水分が肺に流れたらいけないので、口からの飲食いっさい禁止でした。





父本人は、なくなる直前まで意識がはっきりしていたので、それはもぅつらかったと思います。




同時に、毎日通っていた母も、相当疲れていたとおもいます。


だから正直、なくなったとき


「やと楽になれたねぇ」て気持ちもありました。





もちょっと、生きててはほしかったけれど。







父は、大学の先生で、栄養科学というものを教えておりました。

















すみませんここでいったん寝落ちましたwww









体中が痛くてたまりません・・・




夜中に酔っぱらって書くと、なんだかジメっとしていけませんね・・・(笑)




でもまー、(時間もないので)このまま続けょ・・・








父は、あんまり駆け引きとか要領がうまいほうではなかったらしく、論文も難しい残り物をそれはもぅコツコツやっていたそうで。



カボチャの研究だったらしい。


s-IMG_3833.jpg

s-IMG_3834.jpg



教授になるのも、いろいろあるらしいですねー。



そゆの全くわかりませんけど。。。


とりあえず、よーわからんけど、退職する1年前にやっと教授になれたとかなれなかったとかw



でも、ひたすらお勉強は好きな父でした。











ちょうど父が亡くなった同じ年の10月に、17年生きたコーギーのムクさんも亡くなりまして。




そのあとの母が、もぅヤバかったですねー。


本当に、父と、犬と、かかりっきりで看病していたものですから。




当時、一緒に住んでいませんでしたし、1年間、わたしも全く休みなしの状態(お休みは病院)だったもので、ちょっと気が緩んでいたのもあるけど・・・。



ちょっと目を離してる隙に、かなり大変なところまで逝っておられましたw




いまは無事、生還しておられます。




新しい家族、トイプードルのちりさんのおかげも大きいですねー。



うちは誰一人孫をこさえてあげれてないので・・・w









わたしは、家族というか、、、なんというか、生死にしても、



もしかしたら、かなり希薄なところがあるように思います。。。



その瞬間はぎゃん泣きするんですけどもねwww






家族ってなんだろぅ。





父とは、ずーっと、「話し合い」というものがあまりできない相性でした。



家族間の仲良しこよしっちゅーのもなかったしw






だけども、大人になって、愛されて育ったんだな。ということは、発見し続けています。



趣味嗜好が、いかに似ているかということもwww










深酒もギャンブルもしなかったけど、



ひたすら本を買って散財しつづけ、楽しいこともほとんど一人で楽しみ、母には決してやさしい夫ではなかったように思います。




でも、亡くなってみると、よー母の口から、恋しがってる言葉を聞きます。





ズルぃですよねぇw








家族ってなんでしょうねー。





こないだ、お客様とお話ししてて、




「このままだと、やっぱ老後がさみしいですかね~」




なーんて話してたら、




















「大丈夫、いまはグループホームがあるじゃない」








ってキッパリ言われて心強くなっちゃいましたwww







でも、なんとなくなんですけど。





やっぱり、苦労してでも、同じ時をなるべく長く過ごせた人と迎える老後のほうが。。。





ちょっとだけ、楽しさや、深みがでるんじゃないかなーとか。



思うんですよね。






心のそこで、やっぱり、「家族」というものにあこがれてるのかもしれませんし。








なんか、まったくもって、よーわからんことになってきました(きっぱり)






病院逝って、お墓参りしてきますwwww

















いまは、いまかかわってくださる人たちに、全力でおつきあいさせてもらいたく、思ちょります!







やばぃ・・・

出遅れそぅ・・www




でわまたーーw





1日1回でいいらしんです。↑で押してくれた人は押さなくていんです!
ほんとしつこくてゴメナサイ!
にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。